底地は借地権者が使用しているため、売ろうにも買い手がつきにくい

底地

底地には評価があるのです

シンプルな家

不動産の売買というのは、まずはそれにどの程度の価値があるのか、ということから判断されるわけです。どんな商品にも相場があるように不動産にも相場があります。ですが、底地の場合はそこから借地権に関する評価を差し引く必要性があるのです。そもそも底地の鑑定評価というのは、そんなに多く行われるわけではないです。多くの場合、借地権者が底地の買い取るときに鑑定をすることになります。もちろん、第三者が底地を買うこともないわけではないです。てすが、極めて煩雑なことになりますから、大抵の場合は敬遠されることになります。それはそこに借地権がある、ということは借地権者が所有している建物があるからです。底地を手に入れてもそこの土地が利用できるわけではありませんから、はっきりいってメリットがあまりにも少ないからです。買い取るならば借地権ごと、というのが強いて言えばあることになります。ですから、収益面から見てもどうしても底地のみの買取は厳しいのです。ですから、底地の評価というのは基本的にはその土地の評価と借地権に関する権利の金銭的な評価を引いた金額になります。こうした面倒なことがありますから、底地はなかなか売りにくいのです。

PICK UP

TOP