底地は借地権者が使用しているため、売ろうにも買い手がつきにくい

底地

底地の借地権ってどんなことなのか

アパート

底地というのは借地権が設定されている土地なわけですが、そもそも借地権とはなんなのか、ということがよくわからない人も多いでしょう。借地権というのは、借地借家法の適用がされることになる借地権のことを指しています。単なる賃貸の物件を借りるようなことではなく、要するに土地の上にある建物を所有することを目的にしている貸借権、或いは地上権のことを指しています。つまりは、土地の上にある建物はその人の物であるわけです。このあたりが底地が扱いにくいことの一つの理由になっています。どうしても底地を処分しようとするときには建物の買取までする必要性があるからです。ちなみに細かい契約次第ではあるのですが借地権を返すときに更地にする、という約束であることもあります。そうした場合はよいのですが、借地権を持っている人からそれを返してもらおうとする場合、土地の権利自体を持っている人がむしろ、買取をしないといけないようなことになります。少なくとも建物はあるのですから、その分の補償のようなことはしないといけないのです。こうしたことがありますから、どうしても底地というのは不動産会社としてもそのままでは扱いにくい土地となってしまっているのです。

PICK UP

TOP