底地は借地権者が使用しているため、売ろうにも買い手がつきにくい

底地

底地とはどんなものであるのか

可愛い家

不動産というのは色々と種類がありますが、その中に底地と呼ばれるものがあります。これは権利として借地権が設定されているものを指します。不動産業界ではこれはなかなか扱いが難しいものになっています。何故かといいますと借地権者からその権利を取り消してもらうことができないとその土地を好きなようにできないからです。ですから、事実上、買い取ることができないわけです。もちろん、相手が認めてくれるのであればそれでよいです。ですが、日本では物凄く借地権に関する力が強くなっています。これは土地の所有者から見れば非常に厄介ではあるのですが、権利者、つまりは住んでいる人から見ればとても自分たちを守ってくれる大事なものでもあります。基本的に不動産を持っている人は強いです。ですから、貸しているとしてもそれは確実に強くなります。その為、底地であろうと持っていることには意味がありますし、決して邪魔になるわけではないのです。扱いにくいことではあるのですが、それでも立派な資産であり、そこから利益を引き出すことができる可能性はあるのです。借地権がある、というのは確実に貸していることでもありますから、権利関係としては複雑ですが、今現在、活用しているともいえるのです。

PICK UP

TOP